スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサーリンク

休憩時間の過ごし方 

簿記論の試験は9時から11時までなんですが、試験が終わった後の答案用紙回収に結構な時間を要しました。15分以上はかかったんじゃないかな。試験中はトイレ退室は認められているのに、その回収時間はトイレ退室は絶対ダメ!!!の様子。ある受験生が答案回収中にトイレに行きたいんですけど…と試験官に声をかけていたのですが、断られていました。その微妙な時間にビックな方を催してしまったらヤバイですね・・・。私はおなかピーピーOLなので、結構この時間怖いです(-_-;)

結局、受験会場から出られたのは11時20分くらいだったと思います。幸い受験会場(教室)があった建物の中に食事をとることのできるスペースがあったので、場所を確保して、すぐさま水分補給。水も飲めず2時間頭をフルで働かせていただけに、血液はドロドロなんだろうなーこの時間。次の受験科目である財務諸表論は12時半スタート、試験開始前30分以降はトイレ対策として食べ物・飲み物は取らないようにしているので、12時までにはおにぎり2個と、甘酒150ccを飲みました。あと水も。

この日は夏場ながらそこまで暑くなく、穏やかな風も吹いていて、外の木陰で食事をとる人や、最後の詰め込みをされている方がかなりいました。私は早く教室に行きたかったので建物の中でまっていたんですが、財表の試験会場は古い建物のようで、エアコンの効いていない廊下はムシムシしていました>< 外で待っとけばよかった!!!

休憩時間は、追い込み作業するよりも、1科目目で疲れた脳を休ませることを優先させたかったので、ほとんどテキストはみませんでした。脳は疲れると熱を帯びるとのことで、ひえピタや保冷剤で頭を冷やすのがよいそう。また、視覚や聴覚からの刺激も脳を疲れさせる要因になるということで、目を閉じたり音を遮断するのも脳を休ませるのに効果があるのだそうです。

耳栓したかったけど、本当に無音になってしまうので逆に怖くてつけませんでした笑 寝るときはいいんですけどねー。

これが功を奏してか、財表は今までで一番というくらいの点数になりましたが、簿記論がとーーーっても微妙。来週の修正ボーダーの情報が待たれるところです。

関連記事


スポンサーリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。