スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサーリンク

またもや落ちる 

今日もまた気にしすぎ病の症状が出てます><

会社で働いていれば多少の理不尽なことには我慢しないと
いけないと心得てはいますが、それでもやっぱりずっと我慢
しているというのもストレスがたまります。そんなわけで同僚
に、今日こんなことがあってー>< という話をして鬱憤を
解消してスッキリ!!・・・・のはずなんですが。

チクリ魔がいるんですよ…わが社。
どこから話を聞いたのかわからないけど、
○○さんがあなたのこと、こんな風にいってたよと本人に密告
したり、自分の株を上げるため??なのかわかりませんが、上司に
伝えたり。他の人のことを悪くいったつもりはなかったのですが、
それが原因で自意識過剰ヒス子に呼び出され、けちょんけちょんに
された経験があります。

それからというもの、今までは何気なく話していたことでも、
話をしたあとに、この話したのまずかったかな…聞かれて
いたらどうしよう、って不安を感じるようになりました。

で、今まさにその不安に襲われているんですねー。
論理的に考えたら、そんなの起こるわけないでしょ!って
思うようなことを想像しては、その対処法を思いめぐらして、
こう来たら、こう返す・・・ってことをずーっと考えています。

私の心の書、デールカーネギー著「道は開ける」で、心配事の
9割は起こらない、と断言しています。その通りだと思うんです。
今まで散々心配してきたことも実際起こったことなんて1度も
無かった。わかっているのに、それでも心配してしまうんです。
人間の自己防衛本能がそうさせるのかな。

それでも、一部を除けば、人間関係は恵まれているし、
心を支えたり鍛えたりしてくれる良書にも出会えたし、
いざというときの精神科医も近くにいるし笑、
今はつらいけど、きっと2,3日すれば元気になれるとも
思います。

そう考えると、周りの支えって、見えてないけど
偉大なのだなー。たまになんだこの人!!って思うことも
あるけどやっぱり愛すべき人たちなんだと思います。

今日、家に帰ってラジオをつけたら、ショパンのピアノ協奏曲
第1番ホ短調が流れていました。この曲は、ショパンが故郷
ロシアを離れて、異国の地へ旅立つ決意と覚悟が込められて
いるそうです(千秋先輩談…こんなこといってたような。映画で)。

私も、新たに決意と覚悟、しなきゃね。強くなりたい。

関連記事


スポンサーリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。