スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサーリンク

付箋の使い方【問題集編】 

随分と間が開いてしまいましたが・・・・汗!
引き続き付箋の使い方【色分け編】を書いていきます。

今回は問題集に使う付箋について。
使う付箋は、いつもの
・スリーエム ジョーブ しるすハーフタイプの赤
・スリーエム ジョーブ しるすハーフタイプの青
の二種類。

問題集に使う付箋については、明白なルールがあるので、付箋を使うときにどっちの色を使うか迷うことはありません。

そのルールとは・・・
1. 初めて間違った問題には青付箋をつける
2. 青付箋を付けた問題に再度トライして、また間違ったら赤付箋をつける
⇒2回連続解答できるまで赤付箋はそのままにしておく
⇒3回連続で解答できなかったときは要注意問題として永久的な印をつける。
⇒2回連続解答できたら、青付箋にランクダウン。
⇒間違わなくなったら、青付箋をとる。
こんな流れで赤と青を使い分けています。間違い続けるといつまでたっても赤付箋が取れずに問題集が赤付箋だらけになってしまうので、いい刺激にもなります汗
  
繰り返し解く場合、1週間後?10日後?などタイミングも重要になるのですが、、、大学受験、資格受験など経験したことのある方なら「エビングハウスの忘却曲線」という言葉を耳にしたことがあるかと思います。これに基づいて再度問題を解くことになりますが、ここで付箋に付けたナンバリングが重要かつ便利なんですよー(と個人的には思ってます)。

ナンバリング付箋。


しかもテプラでシールを作って貼りました・・・うーんザ・神経質です笑
またまた長くなってしまったので、ナンバリング付箋による問題解答方法はまた、次回・・・。
関連記事


スポンサーリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。