スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサーリンク

スリーエム ジョーブ 

前回に引き続きまして、付箋の使い方の話です。
今回は、「重要項目用付箋」についてのお話。

3Mの「しるす」ジョーブ
レギュラータイプとハーフタイプ愛用。


付箋の十八番的な使い方といえば、先生に「ここ重要ですからねー」といわれたところに貼ったり、後で読み直したい箇所に貼ったり。でもどうなんでしょう。実際、付箋を貼った箇所を後日見直すかどうかというと・・・・貼りっぱなしで結局そのまま放置することが多いんです。

重要と思われるところに付箋を貼っても、実はその効果をなしていないことが多くあるのではと思います。それどころか、無駄に付箋が増えてしまって何がなんだかわからない。見た目も、汚い。

これは偏に付箋の「ルール化」がされていないことが原因ではないでしょうか。ルールがないこ とにより、「いつ」「どんな時に」「何(付箋の大きさ・色)を」「どこに」「何のために」が定まらない。「なんとなく」の理由で付箋をつけていてはいつまでも意味不明な付箋まみれのまま、勉強効率が上がらないと思ったのが、今回付箋について書いてみようと思った理由。
私の「ルール化」はまだ未完成ではありますが、以前よりは効率的に付箋を使えるようになった経緯から、「色」「タイプ」「タイミング」別に付箋の使い方について考えてみようと思います。願わくば、マニアックな勉強用付箋の使い方なる書籍が出版されるといいんですけどねー。林先生が書いてくれると、面白いだろうなぁ。

レギュラータイプ。


*色分けについて。
重要項目用で使う付箋の色は2種類のみ。赤と青です。赤と青の付箋は数ある付箋の中でも定番化していること、なくなってもすぐに補充できる、又は詰め替え用がすぐに手に入るので重宝する色です。また、マーカーペンも赤と青で統一していることから、色の統一感という意味でも赤と青の選択になりました。

ちなみに、マーカーペ ンはみんな大好き(?)消せるペン、フリクションの「フリクションライト」です。これはまた、後日。

また、赤と青のすみ分けは、信号機のように、赤=止まれ(重要!)、青=気をつけて渡れ(やや重要)と区分しています。赤と青、具体的にどう使い分けるのか、まだはっきりとした区分ができていないのがイタイところ。今のところは赤=先生が重要といったところ、又はすっかり忘れていた内容、青=自分が重要だなぁと思うところに貼ったりしています。

〈追記〉
一つ前の日記で同じ写真使ってました(^^;; こちらの写真はテキストの上部分に付けてるハーフタイプの写真です。テキストにはほぼピンクのみ使用してmす。
関連記事


スポンサーリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。