スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサーリンク

インデックス付箋の使い方 

リラックスタイム。


かなりランダムに使っているように見える私の付箋ですが、一応大まかな規則は存在してます。区分としては
時短目的
重要項目
の二つ。重要項目については、さらに、暗記目的と再計算目的に分かれます。
今回は一つ目の時短目的について。
コクヨのタックインデックスC
ピンクの付箋は今回はスルー。

時短目的で使う付箋はこれだけ。私の中で赤、ピンク色は重要項目にしか使わないと決めているので、できるだけ目立たない色。調べたいことがすぐに見つかるので便利です。インデックスがないと、目次見てから目的ページに移動する為、「目次を見る」というアクションが省けて時短になる。たとえ「目次を見る」アクションが5秒だったとしても、1日10回で50秒、1週間で約6分。1分でも多く寝たいし、1分でも多くリラックスタイムが欲しい私としては「時短」「効率化」は永遠の課題なのかもしれないです。
ちなみに、テキストは項目ごとに、問題集は「問題」「答え」別にインデックスを作っています。
「時短目的」の付箋の使い方は、これからもこんな感じで進んでいくのものと思われます。
関連記事


スポンサーリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。